世界遺産のパリのノートルダム寺院からシャルトルの大聖堂までのロングライド 2016年4月10日

こんにちは、今回はパリのノートルダム寺院からシャルトルという町の大聖堂を目指して約110kmのロングライドに出かけました。
ここのところパリはずーっと天気が悪くって、雨が降ったりやんだりの毎日。この日も天気はどうかいなって心配していましたら、えらい事えらい事!すごーく信じられないくらいのいい天気に恵まれました。

出発は朝8時にパリのノートルダム寺院の前から。
koji_notre_dame.jpg

ここにはポイントゼロという表示板が地面にはられています。
point_zero.jpg
これは、フランスの中心となるところで、首都パリから全ての距離を測る場合ここから計られています。
また、ここを訪れる際は必ず足でのこの表示板をふんずけて下さい、そうするとまたパリを訪れる事ができるとの言い伝えがあるそうです。ノートルダム寺院の前の広場は結構広いし人が沢山いるので、探すのは大変かと思いますが、がんばって探してください。ヒントは私が立っているあたりのずーっと後ろ、ほぼノートルダム寺院のまじかのところを探してみてください。

記念撮影後、さて出発、先ずはパリを南下して行きます。

出発前、私がサイクリングする際に大変重宝している相棒のガーミン200エッジ君に、パリからモンサインミッシェルまでのコースをダウンロードしていたのでほとんど迷うことなく南下してゆけました。
モンサンミッシェルと書きましたが、そうパリからシャルトルのコースは、モンサンミッシェルまでの一部なんですね!
モンサンミッシェルまでは大体450km、そのうちの100Kmほどを走るコースとなります。

ただ今回ダウンロードしたコースはフランスの観光サイクリング連盟(FFCT)のものだったので、主にマウンテンバイク用の道だったのが残念でした。ただ進む方向を知るには大変役立てられました。

で、パリを出て1時間半くらいたちますと、もう田舎です。風景は畑ばかり、季節は花が咲き誇る季節です。
広ーい平原には菜の花がまだ満開ではなかったですが、一面に広がっていました。
corza.jpg

平野を走っている際はずーっと長い一直線の道が続きます。
今回のサイクリングの印象は、やたらと上りが少ない事、110kmで獲得標高差が650mでした。貧脚の私にとっては非常に楽なコースかなって感じです。
MrKATO_in_road.jpg les_velos_champ.jpg koji_onroad.jpg koji_chemin.jpg

途中で一度軽い補給タイムを取り、エペルノン、マントノンという町を通り過ぎます。
ch_maintenon.jpg village_maintenon.jpg

13時半ころにシャルトルに到着、シャルトルノートルダム大聖堂の前で記念撮影
cathe_chartres.jpg

お疲れ様でした。
この後、大聖堂の中の見学や街中を散策した後、15時34分発のSNCF電車(国鉄)に乗って、ビールで乾杯しながらパリのモンパルナス駅までの1時間ほどの電車の旅を楽しみ、パリ到着となりました。
この日も一日楽しい日となりました。

自転車って本当楽しいですね!
最近特にAssociation des Cyclistes Japonais à Paris(ACJP)の上着を着て走っていると、フランス人のサイクリストからよく声をかけてもらえます。すごく快く、友好的にますます自転車が好きになってゆきます。自転車を通してもっと人の輪が広がってゆくといいですね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。突然申し訳ありません。
フランスのトラコミュからお邪魔しました。
昨年の7月、ちょうどツール・ド・フランスをしている頃フランスに旅行に行きました。
ちょっと目的があってトゥールという街からサントカトリーヌフィエルボワという村までクロスバイクをレンタルして走ってきました。
日本ではロードに少し乗っているのですが、慣れない右側走行やランドアバウトの交差点はかなり怖いですね。
でも、途中で人と触れ合ったり、きれいな景色を見ることができたのはとても気持ちよかったです。7月という季節も最高でした。
たくさんの自転車情報、今度ゆっくり拝見させて頂きます。
ありがとうございました。

Re: はじめまして

> はじめまして。突然申し訳ありません。
> フランスのトラコミュからお邪魔しました。
> 昨年の7月、ちょうどツール・ド・フランスをしている頃フランスに旅行に行きました。
> ちょっと目的があってトゥールという街からサントカトリーヌフィエルボワという村までクロスバイクをレンタルして走ってきました。
> 日本ではロードに少し乗っているのですが、慣れない右側走行やランドアバウトの交差点はかなり怖いですね。
> でも、途中で人と触れ合ったり、きれいな景色を見ることができたのはとても気持ちよかったです。7月という季節も最高でした。
> たくさんの自転車情報、今度ゆっくり拝見させて頂きます。
> ありがとうございました。

こんにちは、返信が遅くなり申し訳ございません。
今度フランスにこられた際は一緒に走りませんか、フランスはみんな少なからず自転車で公道を走っていますので、
自転車に乗ってる方には非常に親切です。多少の交通ルールがあるので、それさえ知ってれば怖くないですよ。
運転が荒そうでパリでは自転車には乗れないと思っている方がいるのですが、日本で乗るより安心して乗れると思います。
最近凱旋門の周りのラウンドアバウトも余裕で走ってます。

No title

お誘い有り難うございます。
次がいつになるのか全然解りませんが、いつかもう一度行きたいです。その時は是非^^
私がフランスを走った時は、運転の粗さやマナーの悪さなど一切感じませんでした。
むしろ地図を広げて困っていたら、車の方が「大丈夫?」とわざわざ降りてきて声をかけてくださるほどでした。

ラウンドアバウトか怖かったのは、外側に出る道があるとつい左から外側に車が抜けようとしてこないかと心配になったからです。
結局危ないシーンは無くて、寧ろキョロキョロして体勢が崩れる分、私が一番危険でした。周りのドライバーの方は怖かったでしょうね。

少し左側を走った方が良かったのかもしれませんね。
次の機会があれば、試してみます。
ありがとうございました。
プロフィール

parischari

Author:parischari
パリ、フランスを自転車で楽しむ倶楽部。
フランス在住者、日本からご旅行で来られた方を自転車でサポート致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
パリちゃり倶楽部
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR